【じわ怖】時空のじいさん

評価 評価 評価 評価 評価


  • なんか今日、変な体験した。

    怖いから、長いけど書かせてください。

    仕事終わって、ちょっと時間が早かったから、
    行きつけのスナックで一杯飲んでくかって、
    スナックが入ってるビルのエレベーターに乗った。

    俺、飲む時って使う金を決めて、
    財布から金を胸ポケットに移動する癖があるのね。





    それをスナックがある5Fに着くまでに済ませて、降りたら真っ白だった。

    元々壁とかは白い建物なんだけど、
    ドアとか看板とか、白くないはずの所まで真っ白。

    「みんな引っ越したのかな?後でスナックのママに電話しとくか」

    と、全部の店で総引っ越しとかないだろーと疑いつつ、
    仕方なくエレベーターに向かおうとしたら、
    今、俺がエレベーターで来たばっかだから、
    まだエレベーターは別の階に移動していないはずなのに、
    それなのに「チン」とか鳴ってドアが開いた。

    おお!?

    真剣にビビっていると、作業服って言えばいいのかな。

    工事現場で働いてる人みたいな格好した初老の男性が降りてきて、開口一番。

    「なぜ、ここにいるんだ!どこから入った?」

    おいおい・・・とか思いつつ、
    もしかしてビルの取り壊しでもするのか?と思い直して説明をした。

    「エレベーターで上がってきたら、お店とかなくて。このビル建て直すんですか?」
    「そうじゃないんだよ、ここはダメなんだよ」
    「もしかして塗装中とか?すんません、知らなくて」
    「うーん、そうじゃなくて、ここは少し外れているんだよ」

    その後、まあ改装中なら仕方ないと、エレベーターに乗ろうとしたら男性が、

    「そっちじゃないよ。ちょっと待ってて」

    と言うと携帯電話を取り出して、
    ダイヤルとか何も押さないで耳に当てて、こんなことを言った。

    「あ、はい、ではヒグスデンカあげ(やれだったかも)してください」
    「え?」
    「悪かったね、怒鳴ったりして」
    「はあ……」

    で、ここからが説明出来ない。

    俺は今までスナックがある5Fにいたはずなのに、ビルの前に立ってた。

    どう言えばいいんだろう。

    瞬間移動ってのが本当にあるのなら、きっとこんな感じだと思う。

    どうなってんだ?と思いつつ、
    気を取り直してスナックに行こうとして、その時に腕時計を確認したんだよ。

    そうしたら23:30だった。

    俺は今日、仕事が早く終わったから飲みに来たんだから、
    23:30なんておかしいわけだ。

    時計壊れたか?と思って、
    携帯電話の時計も確認したけど23:30ちょうど。

    まさか白昼夢でも見ていたか?って、胸ポケット触ったら、
    そこにはさっき入れた1,000円札が3枚。

    ……これって不思議体験ってヤツだよね。

    あの初老の男性が一体誰だったのか、ってのも気になるんだけど、
    俺の数時間はどこに行っちゃったんだろう?

    こういうことってあるんだね。

    なんかカルチャーショック受けたよ。

  • 評価

  • 時空のじいさん の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      時空のじいさん についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このじわじわ来る怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント