【じわ怖】夏の音

評価 評価 評価 評価 評価
スポンサードリンク


  • 高校の夏休みのとき、
    いとこの家に遊びに行こうとしてたんだよ。

    お盆前だったかな。

    めちゃくちゃ暑くて、
    景色が揺れて見えるほどだった。

    蝉の声も工事の音も電車の音もうるさいなあ、
    と思いながら歩いてた。





    さすが夏休み。

    子供がはしゃぐ声が遠くから響いてくる。

    しばらく歩いてマンションが立ち並ぶ区域まで来たとき、
    あれ?って気付いた。

    音が消えてる。

    蝉の鳴声も工事の音も電車の音も子供の声も。

    うわヤバイ。

    日射病?と思ったけど、自分の身体は正常。

    強い日差しで陽炎みたいに景色が揺れてる。

    呆然としたまま立ち尽くす自分の横を、
    赤いスカートの女の子が走り抜けていった。

    ちょっと走ったら女の子は立ち止まって振り返る。

    女の子が手招きする。

    とりあえずついて行ってみようと思った。

    しばらく女の子について歩いていったら、
    突然肩をつかまれた。

    顔を向けると、
    紺色の着物を着た若い男の人が立ってた。

    次の瞬間、全部の音が帰ってきた。

    迫る電車の音に慌てて後ろに下がる。

    いつのまにか自分は線路際に立っていたのだ。

    もう少しで電車に飛び込んでいたのかもしれない。

    着物の若い男の人も女の子もいなかった。

    いとこに聞いたら、

    「昔、電車にはねられて
    亡くなった女の子がいたらしい」

    とのこと。

    どうやら呼ばれてしまったらしい。

    霊感のある友達が言っていたことを思い出した

    「お前の後ろの人、若いな」

    と。

    あの時は

    『後ろの人って何だよ!?』

    と思ったが、守護霊ってやつなんだろうか…。

    不思議な体験だったな…。

  • 評価

  • 夏の音 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • スポンサードリンク
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      夏の音 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このじわじわ来る怖い話を見た人はこちらも見ています

New

新着コメント

  • カエルの加護

    カエル関係なくね?
  • フッ素塗布液

    業者が間違って持って来たんだか歯科医の嫁が間違って発注したんだかで ラベルをよく見ずにその嫁がフッ素
  • 昼になるとラップ音が聞こえる

    存在を知らせるためにラップ音鳴らしてたら 怒られた!けど話しかけてくれた! 最後には感謝までされて謝
  • シシキリ

    うちの地元でもお通夜の晩は遺体の胸に刃物(うちは鎌だった)を置くってのがあったよ 悪霊だったかに連れ
  • 朝焼け

    どっかの小説みたいな話だな。 紫色の朝焼けはどんな意味があるんだろう..
  • 不思議だ..
  • アカジイサン

    いい話だ...
  • 転職活動中で面接に行った

    3回見ると死ぬ絵ってなんやろ
  • アカジイサン

    なんかウルッと来るよね 夏目友人帳にありそうなお話だ