【洒落怖】丑の刻参りをする女を

評価 評価 評価 評価 評価

  • 近所に、長い階段がある神社がある。

    夜は、空気の温度のせいで音が遠くまで聞こえる。夜中、受験勉強をしていると、月に1、2回はカン、カン、カンと音が聞こえる。

    丑の刻参りだ。その時僕は、あせっていた。

    願書を出した大学に入れるかどうか。この音が憎かった。

    親父のスパナを持って、長い階段を駆け上がった。高校生は元気である。

    音のする方向へ近づくと、足を忍ばせた。映画で見た通りの格好をした女が釘を打っている。

    頭を打つと即死するので、背中全体に力がいきわたるように、スパナでその女をたたいた。ぎょっとしてこちらを見るが、倒れた頭に2、3発けりを入れるとたいていすぐにぐったりとなった。

    打ち付けてあるわら人形をスパナで抜き、手の甲に打ち付けた。4人ほど同じようにしたが、警察沙汰にはならなかった。

    大学には合格した。

  • 評価

  • 丑の刻参りをする女を の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      丑の刻参りをする女を についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント