ダークモード

【洒落怖】家の中を見せてくれない

81

10

0

  • 俺にはNっていう友人がいるんだが、
    どういう訳かNは自分の家に人を呼ぶのを嫌う。

    いや、嫌うというか
    親に友達を家に上げるな。
    と言われていたらしい。

    確か、家が片付いてないだとか、
    洗濯物が干してあるからだとか、
    毎回理由はそんな感じ。

    Nは学校の中で一番の人気者で、
    友達の数も多くてさ。

    家に遊びに行く約束とか良く言われるんだけど、
    そういう時、絶対にNは断る。


    しかし、それが長い間続くと、
    何故かNの家は玄関だけで遊ぶならOKっていう許しが出た。

    男5、6人が人ん家の玄関で
    カードゲームしたりゲームボーイしたりする
    ちょっと珍しい事になってたのはいい思い出。

    玄関は広かったし、
    すぐ近くにトイレもあったから何不自由なく遊べたし、
    最初は新鮮味のあった遊びのスタイルも、
    皆徐々に慣れて、それが普通になっていった。

    俺は幼稚園の頃からNを知っていて、
    自分で言うのも何だが、
    Nとは親友のつもりでいる。

    それくらい仲が良かったんだ。

    一緒に飯を食いに行ったり、
    小学校を卒業した時には、
    一緒に旅行なんかも行ってた仲なんだが、

    そんなに仲が良い俺でも
    Nの家の中に入った事はなかった。

    Nん家は3階建てで、
    3階に自分の部屋を持ってるのは知ってて、
    若い時分、3階建ての民家なんて入った事がなく興味もあったし、
    親友の俺くらいには家の中を見せて欲しいって思いも強かった。

    そして、ある日。

    とうとう俺は、
    どうしてもNの家で遊びたいとNに頼み込んだ。

    最初はいつもみたく断るNだったが、
    ちょっと悩んでから、

    「お前なら家に上げたの親にバレても怒られんと思うし、
    別にええで。」

    と許しを得る事ができた。

    初めてNの部屋で遊べる、
    その時は本当に嬉しかった。

    Nの家に着き、
    ルンルン気分の俺、

    「お前の家めっちゃ気になっててん」

    とか言いつつ二階に上がる。

    二階はリビングで、
    Nが言う程部屋は汚くなかった。

    いや、むしろ片付いている方だとさえ思った程だ。

    片付いたリビングを横目に、
    俺はNに案内されて三階の階段へと向かう。

    階段は当たり前だが
    一階から二階へ続く階段と同じ、
    木製の良く見る普通の階段。

    案外普通だな、と思いながら
    一歩階段に足を乗せる。

    すると妙な事に、
    少し遅れて階段の板の裏から、

    「トン」

    と、小さな振動が返って来る。

    明らかに木のきしみではない。

    俺がびっくりして、
    えっ!?と声を上げると、Nは、

    「建て付けが悪くてな、気にしんといてくれ」

    と、言う。

    Nの言う事に納得しつつも、
    階段を昇る度に返ってくる振動に気味の悪さを感じ、
    俺は何となく手すりに手をかけようとした。

    「手すりに触るなよ」

    Nが振り向く事なく俺に言ってきた。

    普段温厚なNらしくない命令口調だったので、
    俺は不思議に思ったが、
    慌ててNが、

    「すまん、手すりには触らんといてくれ、頼むわ。」

    と言い直してきたので、
    それ以上の事は聞かない事にした。

    再び階段を昇り始めるのだが、
    やはり階段の小さな振動には慣れる事はできない。

    階段を昇って8、9段目くらいだっただろうか、
    階段に足を乗せた途端、

    ゴツンッ!!

    と、
    今までと比にならないくらいの大きな振動が
    俺の足の裏を叩いた。

    その振動に思わず仰天して、
    俺は咄嗟にNに触れるなと言われていた手すりに手をかけてしまった。

    あっ…

    「おいっ!」

    少しの間も無くNが凄い形相でこちらを振り向く。

    それとほぼ同時、
    階段の全ての段が

    ドドドドドドドドドドドドドッ!!

    と振動した。

    全身に鳥肌が立ち、
    恐怖におののく中、
    俺は直感した。

    大量の何かが、
    階段の板の裏を踏み鳴らしている。

    それも厨房の俺の足が振動で浮く程、
    かなり強い力で。

    涙目の俺は前にいるNの脚にしがみつき、
    振動が止むことを願った。

    振動していた時間が
    どれだけのものだったかわからない。

    あれだけ強く揺れていた階段が急にピタッ。
    っと止まったのだ。

    といっても、
    俺の方はgkbrしまくってて、
    とても立てるような状況じゃなかったのだが。

    終始立ち続けていたNは、
    一度深いため息をして、

    「降りよう」

    と俺に言う。

    呆気にとられた俺に、

    「俺の部屋に入る気なくなったやろ?」

    とNが俺を起こしながらそう言う中、
    俺はただ頷くしかできなかった。

    俺がNん家の玄関から出る時、

    「階段の事、皆には言わんといてくれんか?」

    とNが言ってきたので、
    俺は絶対に言わない事を約束した。

    大学に入る辺り、
    Nは親の都合で東北の方へ引っ越しする事となり。

    Nの家族はあの家から離れた。

    といっても、
    Nと俺はまだ繋がりがあり、
    今でもたまにNの新しい実家の方へ遊びに行ったりする。

    新しい実家になってからは、
    Nもその両親も俺が家に上がる事を歓迎してくれている。

    N家に上がる時は、
    もっぱら小さい頃の話で盛り上がるのだが、
    俺は今でもあの階段の事は聞けないままでいる。

  • ツイートする

  • この話は怖かったですか?

    怖かった10

  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      家の中を見せてくれない についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この話を読んだ人はこちらも読んでいます

  • ※既読の話はオレンジ色の下線が灰色に変わります

  • ここで突然心霊写真クイズ!

New

新着コメント