【洒落怖】無線傍受

評価 評価 評価 評価 評価

  • トラック乗りの頃、
    FMラジオが好きで毎日聴きながら爆走していた。
    すると、車のFM無線らしき声が
    俺のトラックのラジオに混ざってきた。
    バックミラーを覗くと
    2台のライトがグングン近付いてくる。
    俺は
    「あいつらの無線だな。丸聞こえだぞオイ」
    と、暇な旅路。
    少しワクワクした。

    無線1「前にトラック2台走ってるわ」
    無線2「ああ見える。抜かすか?」
    無線1「いや、もうすぐ4車線になるからそこで抜こうや」
    無線2「わかった」
    やがて4車線に入り、
    前方のトラックと俺は右車線をそのまま走り、
    俺は後ろを走っていた2台が左車線から、
    スピードをあげ追い抜かしてゆく姿を見ていた。
    するとラジオから
    無線1「今の後ろのトラック見た?」
    無線2「見た見た。可愛い女横に乗せてたな」
    俺は一人。
    かなりビビッた俺は緊急停止。
    どうしても心臓のバクバクが治まらなくパニくってると、
    耳か頭の中か判らないが
    「見えないんだ?クスクス…」
    と。
    トラック乗ってて1番怖い体験だったよ。

  • 評価

  • 無線傍受 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      無線傍受 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント