【洒落怖】佇む女

評価 評価 評価 評価 評価

  • 私の中で今まで一番怖かった霊。
    夜中の2時頃、
    誰も居ない道を歩いてたら、
    お姉さんが誰かを待ってる感じで立っていた。
    黒いコートを着た長い髪の普通の女の人。
    コートは少し昔の流行っぽい感じ。
    時間が時間だし、寒いので
    「大丈夫かなぁ」
    と心配になって、
    顔を見るんだけど、顔が見えない・・。
    何度も見るんだけど見えない。
    気がついたら、
    向こうも私を見ている・・のに、
    顔が分からない。

    冷静になって見たら、顔がない・・。
    いわゆるノッペラボウ。
    瞬間、この人は
    ここで交通事故にあったんだなぁって感じて、
    怖くて走って家に帰った。
    その日は凄いハッピーな日だったのが、
    最悪な日になった。
    それまでも、
    見たり怖い目にあったりしたけど、
    これが一番怖かった。

  • 評価

  • 佇む女 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      佇む女 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント