【ほん怖】軽度の知的障害があるA君

  • 小学生の時、同じクラスに
    軽度の知的障害があるA君って子が居た。

    本当なら特殊学級ってのかな、
    そういう所に行くべきなんだろうけど、
    うちの学校は当時そういうのなかったし、
    憶測だけどA君の親御さんも、
    なるべく普通の学校で学ばせたいという思いがあったんじゃないかな。
    それにA君自体も知的障害者とはいえ、
    授業中に奇声発したりとかもなく、
    常にニコニコしてるのはちょっと不気味だったけど、陽気で明るく、
    絵が抜群に上手かったこともあり、
    クラスで苛められたりハブられるってことも無かった。

    とはいえ全く問題がなかった訳でも無く、
    一度、A君が夜になっても帰宅しないと
    大騒ぎになったことがあった。

    その後無事保護されたんだけど、
    下校中に何故か道に迷って帰れなくなって、
    道端で大声で泣いている所を、
    その近所の人が警察に通報して保護されたそうな。

    その騒動以降、
    A君の送り迎えをお母さんがする事になったんだけど、
    A君のお父さんが病気で入院することになり、
    その間はA君の家の近所に住んでる、
    クラスメイト数名が交代で送り迎えすることになった。

    その中のB君はA君と仲が良くて、
    よく昼休みに二人でガンダムとかキン肉マンの絵を描いてたりしてた。

    俺も何度か一緒に絵描いて遊んだけど、
    A君の上手さにびっくりした記憶がある。

    で、気が付いたらA君の送り迎えは
    B君の担当みたいになっていった。

    二人が一緒に登下校するようになってから
    何ヶ月後か忘れたけど、B君の家が火事になった。

    B君とご両親は軽いやけどで助かったんだけど、
    弟さんとお祖父さんが亡くなってしまった。

    なんでも、出火原因は亡くなったお祖父さんの
    タバコの火の不始末だったそうな。

    B君は暫く学校を休む事になり、
    その間A君のお母さんが送り迎えしていた。
    (この頃はもうA君のお父さんは退院してた記憶がある)

    A君にはB君の家の火事の事は知らされておらず、
    周りもA君には、B君は病気で休んでるって言ってた。

    一番仲良くしてる友だちが居ないことで、
    A君はかなり寂しそうだった。

    で、暫くして久しぶりにB君が登校してきたんだが、
    何というか、クラス全体がどう接していいのかなんとも言えない空気になってた。

    何人かの空気読めない奴とかが、
    普段大して仲良くもないくせに、頑張れよ!とかB君に声かけたり、
    隣のクラスの糞馬鹿が興味本位で覗きに来たりする中、
    後から登校してきたA君がB君の姿をみるやいなや、
    今まで見たことのないような何とも言えない表情したと同時に、
    何か意味不明なこと喚きながら、廊下に走っていった。

    あんなA君の姿は見たことなかったんで、
    ある意味ショックだった。

    騒ぎを聞きつけた先生が暴れるA君を連れて保健室に行って、
    俺達は教室で暫く自習って感じだった。

    暫くして先生が戻ってきたけど、
    A君はお母さんに連れられ帰ったらしく戻って来なかった。

    翌日、B君がA君を迎えに行ったんだが、
    A君のお母さんから、
    今日は具合が悪いから休むと言われ、
    ごめんねと謝られたらしい。

    結局、A君はそのまま二度と学校に来なかった。

    後に聞いた噂だと、違う学区の、
    特殊学級がある学校に転校したらしい。

    自分は中学入る頃に親の仕事の都合で他県に引っ越したので、
    それ以来小学校時代の友人とは疎遠になってたんだけど、
    まぁ長くなるんで詳細は省くが、
    当時一番仲良かったCと先日再会して、飲むことになった。

    で、飲みながら当時の話で盛り上がってたんだけど、
    A君の話になった時Cの表情が真顔になった。

    なんでも、CはA君が先生と一緒に保健室行く時に、
    丁度登校してきたとこで、廊下ですれ違ったんだけど、
    その時Aが暴れながら何やら喚いてた中で、
    「こわい」
    「あつい」
    って言葉が聞き取れたらしい。

    Cいわく、

    「Aがおかしくなった時、俺はその場居なかったけど、
    B見てあんな風になったって聞いてさ、なんか俺怖くなったよ。
    だってBの家族、火事で亡くなったでしょ。
    Aそれ知らないはずなのに、熱いってさ。
    Aのやつあんなに仲良かったのに、、
    Bの何見ておかしくなったのか考えると、なんかゾッとするよ」

    Cはこの事を、
    後に当時のクラスメイト何人かに話したけど、
    信じて貰えなかったらしい。

    他のクラスメイトは、Aはたしかに喚いてたけど、
    何言ってるのか全くわかんなかったと。

    ちなみにB君はその後死んだとかはなく、
    地元の某企業で働いてるらしい。

    A君のその後は不明。

    長い上に大して怖くない話ですまんかった。

    でも、CにA君が発した言葉聞いてから、
    すっかり忘れてたA君の、
    あの何とも言えない表情を思い出すようになったんだよね。

    何というか、泣き顔でもないし怖がってるって感じでもないし、
    なんというか上手く文章にできない。

  • ツイートする

  • この話は怖かったですか?

    怖かった0

  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      軽度の知的障害があるA君 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この話を読んだ人はこちらも読んでいます

New

新着コメント