【洒落怖】鳥肌の正体

評価 評価 評価 評価 評価

  • 昔、私が住んでいたアパートの話です。
    そこのアパートは全部で4世帯が住める建物でした。
    築30年位なのかな?
    リフォームはしてあったけど
    壁は砂壁だし春には蟻が行列作るし、
    どうにも古さを隠しきれないそんなアパートでした。
    私が住んでいたのは2階の401号室です。
    下の部屋が101号室。
    その向かいが202号室。
    私の部屋の向かいが301号室でした。
    元々彼氏が住んでいて、
    そこに同棲→結婚という形で住み始めたのですが、
    住んでみるとどうも???な現象が多かったです。

    最初の出来事は、
    酔っ払って帰ってきた旦那が誰もいない窓辺を指差して
    「そこに居る男は誰だ!!早く追い出せ!!!!」
    と叫び
    そのままベットに向かって
    気絶するように眠ったのです。
    取り残された私は、
    怖くて旦那を揺さぶり起こそうとするのですが
    何の反応もなくすやすやと眠っています。
    その夜は、テレビを付けたまま
    別の部屋でソファーで寝ました。
    次の日に旦那に昨晩のことを聞いても
    覚えていないとのことです。
    まあ、酔っ払っていたのだろうなと深く考えませんでした。
    数日たって、友人が遊びに来た時のことです。
    アパートに入る最初のドアを開けた瞬間、
    私を含め全員に(3人居ました)一斉に鳥肌がたったのです。
    皆で顔を見合わせて
    取りあえず落ち着こうと外に出ました。
    10m位建物から離れてふと振り返ると
    赤いワンピース(ちびまるこちゃんみたいな)を着た
    4歳位の女の子が建アパートから出て行くのが見えました。
    そのアパートに子供は住んでいません。
    少し霊感があるという友人にそのことを告げると
    「さっきの鳥肌の正体だね(-_-;)」
    と。
    出ていったからと安心して部屋に入ったのですが、
    その友人が言うには
    「どうも霊の通り道みたいだよ。
    あんまり酷いようなら引っ越した方が良いかも。」
    と。
    確かに金縛りによく遭うようになっていたのですが、
    「疲れてるんだな。」
    位にしか思っていませんでした。
    私のその、あんまり気にしない(怖がらない)とこが、
    霊の影響をあまり受けずに済んだ理由だったようです。
    霊の影響をまともに受けていた(と思われる)のが、
    他の部屋の住人でした。
    しかも、向かいの303号室はとくに酷く、
    皆さんあまり長く住むことは無かったのですが、
    本当に怖かったです。
    最初は、女性でした。
    私が住み始めた時にはもう住んでいたのですが、
    何故か一日中洗濯機を回していました。
    (壁がうすく、音で分かるんです)
    部屋に居る間は
    ずーーーーーっと洗濯機が回っているんです。
    何をそんなに洗濯していかのでしょう???
    今でも謎です。
    そして、ある日を境に私を監視し始めたのです。
    (きっかけは不明です)
    出かける時には
    窓を5cm位開けてずっと見られていました。
    帰るとさっきまで付いていた電気が消え、
    部屋に入りドアを閉めると
    その女性もドアを一度開けて閉める。
    しかも、その閉め方は尋常じゃないくらいの音をたてて
    建物が揺れるくらいの勢いです。
    ある日、旦那が帰って来ると同じように電気を消し、
    窓を開け旦那の行動をずっと見ていたようです。
    一度文句を言おうと階段を上ると、
    踊り場まで上ったあたりで303号室からささやくように
    「殺してやるっっ・・・」
    旦那はダッシュで部屋に転がり込んで来ました。
    それ以来、気味が悪かったのですが、
    一切無視を決めました。
    その後、彼女は半年ほどで
    親が迎えにきて去って行きました。
    次は20代後半位の男性です。
    最初はとても感じが良く、今度は大丈夫だね、
    と安心していたのですが・・・。
    3か月ほど経ったあたりから異変が出て来ました。
    部屋から一歩も出なくなったのです。
    食事は月に一度位買出しに出ていたようです。
    半年経った辺りには、その買出しすらしなくなり、
    母親が週に一度位訪れて身の回りの事をしていたようです。
    そして、さらに行動は異常になって来ました。
    階段を上り降りすると
    その歩調に合わせ玄関のドアを
    「コンッ、コンッ、コンッ、コンッ、」
    とノックするのです。
    そして303号室のドアの前を通る時には
    「きゃはははははははっ」
    という笑い声。
    怖かったです。
    住み始めて1年位で、
    向かいの一軒家の灯油を盗んだとして
    警察に捕まり去って行きました。
    その後はしばらくの間住む人も無く、
    そのまま私は離婚をしてそのアパートから去りました。
    元旦那は今でもそのアパートに住んでいるようです。
    無事だと良いのですが・・・

  • 評価

  • 鳥肌の正体 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      鳥肌の正体 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント