【ほん怖】亡くなる前の姉に彼氏を紹介した

評価 評価 評価 評価 評価

  • 前提として、私は姉を亡くしている。
    20代前半の時に、癌だった。


    気づいた時にはもうどうしようもなくて、
    ほとんど痛みを紛らわすような治療しかできなかった。


    若いせいで進行が早くて、
    発覚してから半年持たずに逝った。

    私は当時付き合っていた彼氏がいて、
    その彼氏は姉が逝ったあと夫になり今は元夫になった。


    亡くなる前の姉に彼氏を紹介した時、
    姉がこんなことを言った。


    「妹のこと幸せにしなかったら祟るからねw」
    って。


    姉は自他共に認めるシスコンwで、
    その時はほんの冗談みたいな感じだった。
    彼氏も、ウッスwwとか言ってた。


    その夫が元夫になった経緯は、
    まぁよくあるDVとかモラハラとか。


    耐えられなくなって、
    息子を抱えて実家に戻った。


    その後は揉めたりしたけど、
    なんとか少ないけど慰謝料と養育費を貰って離婚。


    ここからがオカルトでした。


    元夫、私と離婚してから半年の間に…
    自損事故と階段から落ちて骨折と腸捻転で三度入院したらしい。


    なぜ知ってるのかというと、
    元夫が電話してきて話してくれた。


    なんでも、離婚してちょっと経ってから変な夢を見るようになって、
    真っ暗な空間に女の人の顔が浮かんでて、
    こちらをジッと見ながら呪いの言葉を吐くそうだ。


    その夢を何度も何度も見ると。
    そしてその女の人の顔は、私の姉に似ていると。


    そして思い出した。
    離婚で揉めて精神的にクタクタになって寝てる時に、私も夢を見た。


    姉が私の頭を撫でてくれてた。
    無言だったけど、笑顔でずっと撫でてくれてた。


    ただの夢だと思ってたけど、そうじゃなかったのかな。


    そして元夫はその電話で今までのことを謝った。


    上辺だけだったかもしれないけど、
    私の気持ちはずいぶん楽になったのを覚えてる。


    それまでまともに謝ってもらってなかったからね…。


    その後は特筆することも起こらず、
    当時年少さんだった息子も小二になりました。


    昨日昔のものを整理してたら姉の写真が出てきて、
    息子に
    「おばちゃんだよー」
    なんて言って見せたら、
    息子は
    「あ!」
    って言って、
    「このおばちゃん知ってる!」
    って。


    なんで?って聞いたら、
    「夢で何度も頭を撫でてくれた!」
    だって。


    最近その夢は見ないけど、
    何故か印象に残ってたんだそうだ。


    最近は見ない、
    ってことはお姉ちゃんは成仏出来たのかな。
    そうだといいな。


    ありがとうお姉ちゃん。

  • 評価

  • 亡くなる前の姉に彼氏を紹介した の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      亡くなる前の姉に彼氏を紹介した についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このほんのりと怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント