【ほん怖】友人の寝言

評価 評価 評価 評価 評価

  • 高校時代、よく友達の家に仲のいい友人三人で泊まってたのね、土曜の夜とか。

    友人の六畳間に三人で雑魚寝するんだけど、いきなりおれの右側で寝てた友人が寝言を言い出したわけ。

    「潜水艦が……」って。

    あんまり唐突だったんで驚いたんだけど、そのときは『怖い』よりも『面白い』が先だった。

    結局友人はその夜三回「潜水艦が……」を連発!

    あんまり面白かったんで、翌朝おきてからさんざんそのネタで友人をからかった。

    本人は潜水艦の夢なんてまるっきり見た記憶がないという。
    その次の週の土曜日。

    またその友人の家に泊まりにいった。

    友人のひとりは早々に眠ってしまい、深夜、例の寝言の友人とふたり、ずーっと話をしてたのね。

    そしたらふいにそいつが黙り込むの。

    「なんだよ」って聞いてもずーっと黙ってる。

    それからぼそっと、

    「なぁ、T……」

    「なんだよ」

    「あのなぁ、おれと今夜いっぱい話しただろ」

    「うん」

    「これがぜんぶ寝言だったらどうする」

    そのときの友人の抑揚のない、感情のかけらも感じさせない淡々とした声。

    思わずぞーっとしてしまい、それっきり一言もかわさず、布団をかぶって寝てしまいました。

    翌朝……さすがに怖くて聞けなかったです。


    『ゆうべの寝言覚えてる?』とは。

  • 評価

  • 友人の寝言 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      友人の寝言 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このほんのりと怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント