【洒落怖】一番奥の個室

評価 評価 評価 評価 評価

  • 十年位前のことです。
    当時中学生だった私は運動部に所属しており
    毎日夜七時すぎまでバレーボールにはげんでいました。
    ある金曜日、明日は休みということで
    練習が終わるのがいつも以上に遅くなり
    帰る支度をしてふと時計を見ると8時を回っていました。
    体育館は後者とは離れた所にあり、
    体育館に覆いかぶさるように窓から見える木々は
    真っ暗ということも有り独特の不気味さをかもし出していました。
    顧問の先生が幼児があるということで
    練習が終わってすぐに職員室に帰ってしまい残りは生徒だけになり
    みんな我先にと帰る準備を済ませ帰っていきます。
    変える方向が一緒の親友SとKと一緒に帰る準備を済ませて
    いざ玄関に来たころには自分を含め
    SとKの参院だけしか残っていませんでした。
    そしていざ帰ろうとした瞬間Kが
    トイレに行きたいと言ってきました。

    トイレは後者と体育館をつなぐ渡り廊下を渡って
    後者側にあるところにあります。
    ちょっと待っててとKは言い残し渡り廊下の奥に消えていきました。
    おい遅くないか?とSが私に言いました。
    確かに遅い、すでに10分以上たっており
    おかしいなと思いながらも
    大きいほうでもしてるんじゃないかと
    談笑して時間をつぶしていましたが一向にKは帰ってきません。
    そこで私とSはKを脅かしてやろうと思い薄暗い渡り廊下を渡って
    人気のない後者入り口にあるトイレにやってきました。
    電気がついていてどうやらKはまだなかにいるようでした。
    案の定中に入ると一番奥の個室がしまっていました。
    そこでSがいきなりKが入っているであろう
    奥の個室のドアをドンドンたたきました。
    「おいやめろよ」という反応を期待していたのもつかの間、
    全然反応がありません。
    そこでSが
    「いい加減でてこないと除くぞ」
    と半ば怒鳴るように問いかけましたが
    一向に返事がしないどころか物音ひとつしません。
    意を決してSが下からのぞくと
    Kはぎええええええええええええあああああああ
    と奇声を発して一目散に逃げ出しました。
    何事かと思い除いてみるとあきらかに
    人間とは思えない何かの目がこちらをにらんでいました。
    逃げ帰った私とSは職員室に
    走りこみ先生にこの事を告げました。
    そして先生と一緒に現場に言ってみると相変わらず
    戸は閉まっていました。
    先生が上からのぞくと中には誰もいませんでした。
    そしてKは今でも行方不明です。
    個室にかばんを残したまま…

  • 評価

  • 一番奥の個室 の評価は
    0.00 /5 point(0人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      一番奥の個室 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • この洒落にならない怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント