【ほん怖】ちょっと壊れたようなおじさん

評価 評価 評価 評価 評価

  • 通勤で使っている駅で、
    ちょっと壊れたようなおじさんに遭遇することがよくあった。

    きちんとスーツを着て上等そうなカバンを持って、
    身なりだけ見たら普通のサラリーマンっていうか、
    どこぞの偉い人みたいな貫禄すらある中年。

    でも、ずっと何かしゃべり続けている。
    すごい早口で、何を言っているのか聞き取れないんだけど、
    誰もいない空間に向かってずっとしゃべり続けている。

    ほかの人に何かするってわけでもないので、
    みんな遠巻きに見守るか無視するだけ。

    お仕事でつらいことがあって壊れちゃったのかなあ、と気の毒に思っていた。

    それが先日、帰宅途中にその駅で乗り換えを待っていたら、
    そのおじさんが降りてきた。

    同じようなスーツ姿のリーマン達数人と一緒だったんだが、
    驚くべきことに、その人たちと普通に会話している!

    会話内容は穏やかなもので、
    「今日はありがとうございました」
    「いやいやこちらこそ」
    などと和やかに挨拶しあってた。

    他のリーマン達は去っていき、おじさんだけ残ったんだが、
    そしたらおじさん、またいつもの訳の解らない早口を言い始めた・・・

    怖かった。

  • 評価

  • ちょっと壊れたようなおじさん の評価は
    5.00 /5 point(1人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      ちょっと壊れたようなおじさん についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • このほんのりと怖い話を見た人はこちらも見ています

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント